トリートメントの種類と効果的な付け方とは。現役美容師が解説してみた

スポンサーリンク

札幌ひばりが丘にあるヘアカラーが上手い美容室Cuoreで店長やってます!モーリーです!

トリートメントはちゃんとつけましょう!って美容師さんから言われますよね?僕も言ってます

でも本当にトリートメントって大事なの?って思ったことありませんか?

そこで今回は現役美容師の僕がトリートメントの種類と効果的な付け方について解説します!

  • トリートメントってどうゆう効果があるの?
  • 洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違い
  • 効果的なトリートメントの付け方

トリートメントを使ってはいるものの効果がイマイチ実感できていない!なんて方は

この記事を読んで実際にやってみると必ず実感できるはずです!

トリートメントの効果

美容師さんが口を酸っぱくして言うくらい本当にトリートメントって大切なんですよ

トリートメントでヘアケアをする、しないのとでは、かなり!髪質、ダメージが変わってきます。

大前提として知っておいて頂きたいのが

健康で手触りの良い美しい髪の毛はタンパク質が9~80% 水分10〜15% 脂質、その他3%

大体ですがこんな感じの割合になっています。

ダメージで痛んだ髪の毛はタンパク質や油分、水分がなくなっていることが多いです。

このバランスが崩れた髪の毛は、パーマがかからない、ヘアカラーが染まりにくい、染まりムラができる。

手触りが悪くなる。。。など、ヘアスタイルを楽しむことにおいて色々な良くないことが起きてきます。

ダメージすることで失われてしまうタンパク質や油分、水分を髪の毛に元々あったものと似た成分で補修してくれるのが「トリートメント」です!

トリートメントには主に2種類あって

洗い流すタイプのトリートメント(インバス)

洗い流さないタイプのトリートメント(アウトバス)

に分けられます。

洗い流すタイプのトリートメントは髪の毛の内部に働きける

お風呂orシャワーの時にシャンプーの後に髪の毛につけて流すトリートメントですね。どちらかと言うと内部に働きかける補修成分が高いモノが多いです。

洗い流さないタイプのトリートメントは外側をコーティングする

洗い流さないタイプのトリートメントはどちらかと言うと外側をコーティングする作用が強いです。

アイロン、ドライヤーの熱、紫外線など、日々生活していると髪の毛は外側から受けるダメージが多いです。

よく洗い流す方はしっかり使ってケアしてます。と言う方が多いのですが。そもそも効果が違うので洗い流さないタイプも洗い流す方も使うのがベストです!

モーリー
どちらかだけでもダメなんですね。どっちも使うことでしっかりとケアできるんです!

トリートメントの付け方

大前提として知っておいて欲しいのは

  • トリートメントをつけるときは強く握りすぎないことです。
  • しっかり優しくとかす。

この2つを守るだけでよりトリートメントの効果を実感していただけるかなと思います

洗い流すタイプのトリートメントの付け方

シャンプーをした後に手で優しく握る感じで髪の毛から水分がポタポタこぼれ落ちてこない程度に水気をとります。(この時に注意して欲しのですが水気を取り過ぎてもダメ。取らなすぎてもだめです目安は水が落ちてこない程度です。水分をとったら中間、毛先中心に優しく揉み込むようににつけていきます。

モーリー
どれくらいつければいいの?って思いますよね

髪質にもよりますが、ロングの人で500円玉サイズで充分です。たくさんつければ良いものでもないし、つけなさすぎても意味がありません。最初は分かりにくいかもしれませんがやっていくうちに段々と慣れていきますので。つけた後の質感を自分でしっかり感じながら調節して行きましょう。

洗い流さないタイプのトリートメントの付け方

洗い流さないタイプのトリートメントなんですが、実はスタイリング剤として使うこともできます。

いつつければ良いの?ドライヤーの前?それとも後?こんな疑問を持ったことが一度はあると思います。

答えを言ってしまうといつつけても良いです。大体以下の2つのパターンで

  • ドライヤーで髪の毛を乾かす前に全体につけて、クシや手でとかす。

こうすることでドライヤーやアイロンの熱から髪の毛を守りつつ、水分が必要以上に飛んでしまうのを防ぎます。

  • ヘアアイロンでセットした後にスタイリング剤として使う。

最近は女性のショートスタイル以外ではWAXを使うことはあまり少ないです。オイルやバター、クリームタイプの洗い流さないトリートメントで仕上げることが多いです!(オイルでしっとりサラサラな質感が一昨年くらいから流行っているため)

オススメはこれ!ナプラ N. ポリッシュオイル 150ml

出しすぎて余った分はボディオイルとしても使えるのでかなりオススメです。

まとめ

  • 洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの2種類がある。
  • どっちも使うことでトリートメントの効果を最大限に発揮して髪の毛のダメージ、広がり、クセを抑える。
  • 月に一回くるかたでも美容師がケアできるのは12回残りの53日は貴女が美容師

コツコツケアして美髪を手に入れましょう!!

ご予約はこちらから→札幌、ひばりが丘駅徒歩2分のヘアカラーが得意な美容室Cuore



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です