ヘアカラーを長持ちさせるのにシャンプー選びとホームケアが大切な理由。

スポンサーリンク

ヘアカラーの色持ちを長く持たせるためには。

これは、永遠のテーマだと勝手に思っています。かってに。

いつも結局、、元の色に戻る、

せっかく綺麗な色に染まったのに、あっという間に色落ちしてしまった。

こんな経験誰しもあると思います。

 

そもそもなんで色って落ちるの?

理論的なことは わかりにくいので飛ばします!笑

簡単に言うと

髪の毛に、もともとないものを

薬の力で無理やり入れてるので完全に定着はしないんですね。

ヘアカラーをすると色素が薬の力で髪にくっついていると考えてもらって大丈夫です!

色がすぐ落ちてしまう人の特徴

1、ストレートアイロン、コテなどを毎日使う人

毎日必ずアイロンで巻く、ストレートにする人はすぐ色落ちしてしまいます。ヘアカラーの色素は熱に弱く、特に、ブリーチして髪の毛が明るい状態から染めた方はすぐ落ちます。染める前の髪の毛が明るければ明るいほど色落ちは早いです。それでも毎日使わないといけない方は、なるべく低温でさらっと巻けるように練習しましょう。

2、ホームケアをしっかりしない人

へカラーの色素は髪の毛にくっついている状態(簡単に言うと)なので

髪の毛がダメージを受けると色素も一緒に破壊されてしまいます。

極論ですが髪の毛をダメージから完璧に守ってあげることができるなら

ヘアカラーは退色しません。洗い流さないトリートメント、お風呂の中で使うトリートメント、次にも書いていますが洗浄力の優しいシャンプー

 

3洗浄力の強いシャンプーを使っている人

市販で売られている大体のシャンプーはよく作られいて

誰が使ってもしっかり汚れが落ちるようになっています

それがあなたの髪質、髪のコンディションにあっているかどうかと言うと、、、

どうでしょうか?

洗浄力が強いと言うことは

メリットでもありでもありデメリットでもあるのですが

色素を残しつつ汚れを落とすような気の利いたことはできないと考えてください。

そんなことできるなら値段がちょっと高めの

美容室専売品のシャンプーは必要ないのです。

パワーが強いためシャンプーの時に色素も一緒に洗い流されてしまいます。

ここで補足ですが市販のシャンプーがダメな訳では決してありません。

例えばですが、男性で染めていない短髪の方が使うには別に問題はないでしょう

色落ち&ダメージなんて気にしない、低コストですませたい、

なんて方も自分の好きなシャンプーを使ってもらって大いに結構です。

ですが色落ちを少しでも防ぎたい!方は

と言うことですので。

 

パッと思い浮かぶのはこのくらいです。

以上!

現役美容師がヘアカラーがすぐ色落ちしてしまう人の特徴でした!

札幌美容師、小さな巨人に髪をやってもらいたいと言う方はこちらから予約できちゃいます☆

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です