髪の毛をブリーチで明るくする前に知っておきたい3つのこと

スポンサーリンク

髪の毛をブリーチする前にしっておきたい3つのこと。

僕のお店でも高いオーダー率を誇る。

外国人風カラー

ハイトーンカラー

透明感カラー は、

もはや

ブリーチは必ず!!と言っていいほど、

やらなければならないメニューになります!

 

日本人の髪質では

髪の毛の色素を壊してから染めないと、

透明感は中々出せないのが現実です。

 

 

とは言っても、ブリーチって。。。

やっぱり傷むし、なんか金髪になるイメージの方が正直多いと思います。

 

そんな方に是非!

知って頂きたい事が3つほどあります。

 

 

1. ダメージレスなブリーチもあります。

美容師が使う薬剤もかなり進歩してきていまして。

今や、ブリーチに混ぜる事でダメージを95%カット!なんてものもあります!

いわゆる、

ケアブリーチと言うやつですね。

ちなみに僕が働く、札幌麻生の美容室bacioでも取り扱ってます!

むしろ、ほとんどの方が、

ケアブリーチでブリーチをしてから

カラーをしています☆

みなさんも美容室でブリーチをする際は間違いなくおススメです!!

 

2.傷むと良い色がでない。

1でもお伝えしたケアブリーチですが、

ここまでオススメするには、それなりに理由があります。

実は、

ブリーチをしてせっかく綺麗に色を抜いても、髪の毛が痛み過ぎると

良い色がでにくい

&

染めムラにもなりやすいのです。

細かい話はここではしませんが。。。

間違いなく、髪の状態が良ければ良いほど良い色になります。

3.カラーシャンプー、カラートリートメントで色を長持ちさせる事ができる。

ブリーチをするとどうしても、色の持ちと言うのが悪くなってしまいます。

要するに色落ちが早い。

染める髪の毛が明るければ明るいほど

色落ち具合がハッキリとわかってしまうからなのですが、色の持ちを良くするための、カラーシャンプーやカラートリートメントなんかも、かなり多く発売されています。是非お使い頂いて綺麗な髪色をキープしましょう。

 

 

おまけで、もう一つなのですが、

美容室でカラーをする際には

狙った色より2トーンほど暗い色で染めると 色落ちの過程も楽しめる。そして、色持ちも良いですよ。

単純な話、明るく染めるということは

あまり色素を多く入れる事ができません。

近々、大事なイベントがあって

どうしてもこの髪色がいいの!と言う時はやむを得ませんが、そうでなければ、なるべく濃いめにヘアカラーをすることをオススメします。

ヘアカラーが上手い札幌麻生の美容室 bacio森岡尚哉をホットペッパーで予約する☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です