ヘアカラーの注意点「太い髪質、細い髪質」札幌美容室Cuore

スポンサーリンク

ヘアカラーの時にお客様に必ず言われるのが

「色落ちしたらいつも赤っぽくなる」です1年中言われるくらい・・かなり多いです。

色落ちしても赤みが出ないようにするには

実はちょっとしたコツがあります!!

髪質別オススメへカラーの注意点と言っても

この世の全ての人の数だけ髪質があり、全部書くとお墓までかかりそうなので

ざっくりと!「細い髪質と硬い髪質」の方の2種類の髪質に分けて書いていこうと思います。

硬い髪質の方ヘアカラーの注意点

日本人であれば硬い赤みが出やすい髪質の方が多いですね

そんな人に聞きたいんですが

いつもヘアカラーで暗い色にされませんか?

そして色落ちしてくると、またいつもの髪色に元どおり。

実際に初めましてのお客様でいつも言われるのがこれなんですよ。

以前こちらの記事でも書いた通りなんですが。赤みのないヘアカラー

100%言い切ります!

透明感や、外国人風など、赤みを感じないへカラーを色落ちした後も楽しみたいんだったら

髪の毛を一度明るくして赤みを取り除く必要があります。

積み重ねる方法もありますがヘアカラーの周期が早い人じゃないと厳しいです。これについてはまた記事書きますね。

暗くして赤みを見えなくする方法もありますが、それをすると結局いつもの赤っぽいブラウンに戻る。

色落ちしても綺麗な色をキープしたい場合は

髪の毛の赤色の色素をブリーチや明るいヘアカラーで取り除いてから、そのあとにまたヘアカラーをする必要があります。

よく聞くと思いますがブリーチカラーやダブルカラーなんて呼ばれるものです。(ブリーチじゃなくても可能

ブリーチは痛むから怖いイメージがまだまだあると思いますが

昔ほど傷まない技術になってきていますよ!!!

ダメージカットのケアブリーチを使ってダメージレスに。ホームケアに力を入れてあげればハイトーンでもダメージを抑えることは全然できちゃいます!

職場で明るいカラーがダメな方は、同じトーンでも、明るくしてから暗くする方が綺麗な色になりやすいですし

派手になりすぎるイメージもへカラーの調合で明るさ、色落ち度合いも調節できます!

と言ってもまぁ、ちょっと怖いかもしれませんがライフスタイルに合わせて全て解決できますので安心して美容師さんに相談してみると良いとお思います。

細毛の方にヘアカラー注意点

細くて柔らかい髪質の方は硬い髪質の方と違って比較的ヘアカラーでも透明感が出しやすいです!

例えばですが、太くて硬い髪質の方が1度ブリーチや明るいカラーをして赤い色素を取り除かないといけないのに対して

その必要がない場合が多いです、あるいは回数が少なくても出せちゃう。ところが大きなメリットと言えます。

したい色が同じでもコスト抑えて安く染めることができますね!

ただし!ここからが重要なんんですが

透明感を出しやすい=痛みやすい

そうなんですよね・・・

「女性は艶があってこそ、いつまでも若々しくて清潔感のある、おしゃれな女性に見えます。」

良いへカラーになったからと言って髪の毛のケアを怠っていると、

乾燥して枝毛、切れ毛、増える→気になって触る→余計傷む→「結局切りたいになる」

これは非常に勿体無いですね。ストレートに言ってしまうとお金と時間の無駄です。

せっかく綺麗な色を出しやすい髪質なんですからトリートメントでしっかりとケアをしてあげて

髪質を最大限に活かして綺麗なヘアカラーで毎日楽しんじゃいましょう!

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です