ブリーチなしでも透明感ヘアカラーは作れる?赤味抹殺カラー

スポンサーリンク

札幌東西線ひばりヶ丘駅徒歩2分のヘアカラーが得意な美容室cuoreで店長やってます
モーリーです!

夏になるとやはりブリーチを使ったハイトーンなスタイルが人気ですが

「あまり派手なのはちょっと。。。」

「ブリーチまではしたくないけど透明感のある髪色を楽しみたい」

と思っている方もいるはず。。。

そこで!今回の記事では派手にしたくないけど透明感は欲しい

と言うわがままなオーダーを叶える絶対にモテるヘアカラーを紹介したいと思います。

透明感カラーはブリーチなしでもできちゃいます!

どうですか?こんなヘアカラー赤みが全くないですよね

実はブリーチしてないんですよ!そして一回でできてしまいます。

髪質、ご来店していただいた際の髪の状態によっては一回でできます

髪の状態によっては?と聞ききたくなりますよねwズバリ言いますが

  • もともと髪の明るさが明るい
  • 柔らかくて細い髪質の方

は一回でできると考えてもらって大丈夫です!

写真のお客様はご来店した際の髪の毛の明るさがやや明るい茶色、そして細くて柔らかい髪質でした。

ヘアカラーで透明感を出すにはベストなコンディションでご来店していただいたと言うことです。

いわゆる猫っ毛の方もヘアカラーで透明感を出しやすいです。

赤みが出やすい硬毛、太毛の方は2回に分けてカラーするのがベスト

日本人に多いのですが、太くて硬い髪質の方はもともと髪の毛の色素の赤が多い傾向にあります

それが邪魔して透明感が出しづらいんですよ。。。

その赤みを取るために2回に分けてカラーすることをお勧めします。

オススメの染め方

  • ご来店したいただいたその日に2回に分けて染める
  • 2回に分けてお店に来ていただいてカラーをする

どちらでも美容師側は全然かまわないのですが、僕的にオススメなのは

予約した日→ベースを作る(赤みを削る)のをメインにしたヘアカラーをする

理想は10トーン程度のカラー剤で赤みを取りつつ色を染める

↑明るめのカラーを楽しむ期間と考えてもらうとハッピー!

そして、色が落ちきる1ヶ月後くらいにまたご来店していただき

透明感カラーで(6〜7トーンくらいまで)しっかり色素を入れてあげる

そうすると

 

このように、究極の赤味抹殺カラーに!!!」

 

なりますよ^^

ブリーチすると色落ちが早かったり、派手になりすぎると心配の方も

まずは透明感カラーから入っていくと安心してヘアカラーを楽しめるかなと思います^^

ご相談もお気軽に受け付けてますのでなんでも聞いてくださいね☆

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です